• 向井了一社会保険労務士事務所

「FIRE」ってなに?「クビ」ってこと?



FIREとは?

 

「FIRE」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。


「お前なんてクビだ!解雇だ!」の”FIRE”ではありません。

「Financial Independence Retire Early」の頭文字をとって「FIRE」です。


直訳的な意味は「財政的な自立、早期退職」です。

2010年代にアメリカで若者を中心に広がった概念で、2018年にはニューヨークタイムズなどの大手紙が特集記事を組み「新しい生き方」として紹介されたようです。





FIREの財政的な自立を目指す方法として言われているのが、「年間支出の25倍の資産を作り、年4%の運用益を出せば、貯めたお金を減らさずに暮らせる」というもの。


仮に、年間の生活費で400万円かかる人の場合、運用益で400万円を出すためには1億円の資金が必要になります。

なかなか現実的には厳しいかもしれないと思われるかもしれませんが、日本でも実現している人が実際にいます。




なぜ関心を持つのでしょうか

 

日本の構造的な将来不安、老後資金などの先行き不安、年金への信頼感、いろんな要素があるのかもしれません。


評論家の中には、「若者にとって仕事がつまらなくなり、同時に稼ぐことに対する不安感が大きくなっているのでは」「若い人にとってFIREの概念が響くようになったのは、成長への期待が乏しいからでは」と語っている方もいます。


また東大のある教授は、以下のように述べています。

・組織の中で生きていくことの『コスパ』が、若い人にとって悪くなっています。