• 向井了一社会保険労務士事務所

2023年度 健康経営優良法人の認定受付(10/21期限)


2023年度の健康経営優良法人の認定受付は10月で終了です。

「健康経営優良法人」は、経済産業省が2016年度から実施している認定制度です。 この制度は「健康経営」に取り組む優良な法人の「見える化」を行い、求職者、従業員や関連企業、金融期間などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として認知・評価される環境整備を目標としています。 大企業、中小企業で要件が異なり、認定を受けるためには申請が必要で、今年度の締め切りは2022年10月21日(大企業は2022年10月14日)となっています。 この記事では中小企業対象の「健康経営優良法人」の内容を記載しています。

 

健康経営の必要性

健康経営とは、「健康管理」と「経営」を統合させ企業に必要な従業員等の健康管理を経営的な視点から戦略的に実践することをいいます。健康経営の取り組みにより、従業員の健康維持・増進、生産性向上や業績アップ、組織の活性化などの効果が期待されます。

(出典)経済産業省『必須の企業戦略としての「健康経営」』

 

健康経営優良法人の最近の状況

健康経営優良法人の認定申請は年々増加しており、健康経営の推進に向け社内で明文化をしている企業は増えています。また、健康経営の普及を進めるため、独自の取り組みを行う自治体(商工会議所、市区町村など)もあります。 【健康優良法人(中小規模法人部門)申請・認定状況】


(出典)経済産業省『健康経営の推進について』P18 健康経営優良法人は業種を問わず認定されており、建設業、製造業、運輸業が上位を占めています。都道府県別では、大阪府、愛知県、東京都の順に多く、鳥取県、徳島県、茨城県、和歌山県は前年度と比較すると2倍以上に増加しています。


 

健康経営優良法人の顕彰制度、優遇制度とは

健康経営優良法人に認定されると顕彰制度や優遇制度があり、都道府県や自治体によって内容は異なります