• 向井了一社会保険労務士事務所

定期健康診断の実施と実施後の適正な対応



企業は、従業員が健康に働けるように健康状況を把握し、健康管理に努める必要があります。そのため法令等により、医師による健康診断の実施が労使双方に義務付けされています。 企業に実施が義務付けられている健康診断には、「一般健康診断」と「特殊健康診断」があります。 一般健康診断は、一般的な健康の確保を目的としており、雇入れ時や雇入れ後定期的に行う健康診断と、深夜業などの特定業務を行う方が対象です。 特殊健康診断は、法令等で定める、リスクの高い業務や有害な物質を取り扱う業務を行う方が対象となっています。 今回の記事では、一般健康診断のうち定期健康診断を中心にお伝えします。 定期健康診断とは、1年に1回、企業が義務として行う、従業員の健康診断のことです。



(出典)厚生労働省『労働安全衛生法に基づく健康診断を実施しましょう』

 

法令等で決まっている健診項目とは

定期健康診断の健診項目は、以下のとおりです。